大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

2016年 09月 11日

胆石症の方、ちょっとお耳を。(1)

dsc_0839-1-1

 

夜はすっかり秋めいてきた。

 

でも夕方の散歩コースの公園はまだ蒸し暑い。

 

杏子柚子も歩くとまだゲハゲハ(笑)

 

公園の動植物もまだ夏の名残が強い。

 

という事で・・

 

この日はザリガニとご対面。

 

クンクン匂いを嗅ぐ失礼な杏子柚子にザリガニは怒りMAX(笑)

 

小さいながら天高くハサミを突き上げたその威嚇に杏子柚子はあえなく撤退(笑)

 

 

本題です。

 

ある程度の年齢になると胆石ができ、その経験者も多い事に驚かされます。

 

中でも女性に多いのが特徴で「FEMALE(女性)」、「FORTIES(40歳代)」、「FAIR(色白)」、「FECUND(経産婦)」、「FATTY(肥満)」の「5つのF」が当てはまる女性が誘発する確率が高いと言われています。

 

胆石発作は激しい腹痛で東洋医学ではこのような痛みを「積(しゃく)」と呼んでいます。

 

今回は病院等で胆石を治療中ではあるけど度々痛みが出てしまう方の為の特効経絡(ツボ)療法&マッサージのお話です。

 

まずは「胆兪」(たんゆ)。

場所は第10胸椎棘突起と第11棘突起の間、脊椎から指2本外側。(図解参照)

20160911_193902-1

自分ではやりにくいのでパートナーに押して貰いましょう。

両手の親指を重ねてツボにあて、気持ちいい位の力で3分ほどゆっくり(5秒かけて押離し)押圧、その後左右に回す様に同じくゆっくりマッサージします。

 

次に「丘墟」(くうきょ)。

場所は外くるぶしの前方斜め下の窪み。(図解参照)

20160911_204154-1

親指またはボールペンなどの頭でゆっくりと1分~2分ほど押圧、その後胆兪同様回転マッサージを左右に1分づつします。

 

病状治療とあわせて行い早期の治癒を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

以下の記事も読まれています。

Tags: