大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

2016年 07月 20日

外反母趾の方、ちょっとお耳を。(1)

20160715_171035-1

 

人待ち顔の柚子。

 

ここでもアゴのっけ(笑)

 

クッションの縁にアゴのっけをするとニャロメの部分が持ち上がり、一層見応えある表情になる(笑)

 

誰を待っているかと言うと・・

 

杏子柚子を溺愛(笑)している常連さん。

 

来院すると、まず杏子柚子をグシャグシャしてれる(笑)

 

それに応戦(笑)する杏子柚子。

 

杏子柚子はまずはコレをやって貰わないと常連さんをベッドに寝かせない(笑)

 

そして・・

 

充分にやって貰うとベッドに伏せた常連さんの顔の下で常連さんにマッサージされながらスヤスヤ・・

 

・・杏子柚子を施術する常連さんを僕が施術する(笑)

 

 

本題です。

 

女性に多い外反母趾ですが、ひどくなると靴が履けなくなるほど痛くなるものです。

 

リウマチなどの病気から起こる場合もありますが、足に合わない靴や特に体重が足先にかかるハイヒールを履き続けていると起こりやすい症状です。

 

ひどくなり、変型してしまうと骨を切る変型矯正手術が必要になることもあります。

 

そうなる前に足の親指周辺にある3つの経絡(ツボ)の刺激&マッサージを行い、症状の悪化を食い止めましょう。

 

経絡(ツボ)の名は「行間(こうかん)」、「太衝(たいしょう)」、「公孫(こうそん)」。

場所は行間は親指と人指し指の間の付け根、太衝は行間から足首の方になぞり、骨と骨が合わさる点、公孫は親指の付け根にある出っ張った骨の頂点から指3本足首側。(図解参照)

20160720_181029-1

行間は人指し指でゆっくり10回ほどこすります。

太衝と公孫はボールペンや親指を立てる様にあてて、足首の方にゆっくり3分位押圧します。

その後にボールペンや親指をあてたままゆっくり回転させる様にマッサージを2分位しましょう。

 

入浴後に行う習慣をつけると、より効果的です。

以下の記事も読まれています。

Tags: