大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

2016年 05月 11日

体調を崩してる方、ちょっとお耳を。(1)

20160502_173421(0)-1

20160502_173334-1

 

フレブルは洋犬なのに何故か和風が似合う(笑)

 

和柄の犬服も似合うので好んで着せる飼い主さんも多い様に思う。

 

顔立ちが人っぽく、何となくおじいちゃんおばあちゃん風に見えなくもない事もあるか?(笑)

 

以前、埼玉県の川越に行った時。

 

ご存知の方も居るかと思うが、川越は「蔵の街」、「小江戸」と呼ばれ古い街並みがそのまま残っている所。

 

その一角に、昭和の懐かしい看板を模したコレ。

 

商品名こそ変えてあるけど、知らない人はいないアレのホーロー看板。

ちなみに「イモ」は古くから川越の名産。

 

観光用に作られたもので、顔出しになっており、かなり大きい。

 

当然撮影。

 

もちろん顔出しは杏子と柚子(笑)

 

 

本題です。

 

長いGWが終わり、今日で3日目。

 

旅行や行楽だけならまだしも渋滞や人混みに揉まれたり、家でゴロゴロし過ぎたり、とにかく普段と全く違う生活と行動のせいで体調を崩してる方が多いと思われます。

 

今回はそうした方にお勧めの経絡療法&マッサージのお話です。

エネルギーのめぐりを良くし、不老長寿の特効ツボを刺激して早めに体調を回復させましょう。

 

まずは「足三里」(あしさんり)。

場所は膝の斜め外側下にある骨の突起から指3本分下の骨と筋肉の間のくぼみ。(図解参照)

20160511_174120-1

低めの椅子に座り、足三里に両手の親指の腹を重ねあてて、響く位の強さでゆっくり2分程押圧を繰り返します。

その後そのままの指でゆっくり小さく回転するようにマッサージを左右まわり計2分位します。

 

次に三陰交「さんいんこう」。

場所は内くるぶしの骨の突起頂点から手のひらの幅分上がった所にあるくぼみ。(図解参照)

20160511_174129-1

床やベッドにあぐらで座り、三陰交に押しやすい方の手の親指をあてます。

他の指はスネを掴んでしまうとやり易いでしょう。

これで、気持ち良い位の強さでやはり2分程ゆっくり押圧。

その後足三里同様に回転マッサージします。

 

体調を崩した時だけでなく、快調維持の為に毎日行うと良いでしょう。

 

 

 

以下の記事も読まれています。

Tags: