大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

大宮のマッサージ・整体なら「大宮ほぐし屋さん」 since 2001

2010年 03月 09日

司馬遼 太郎。

2010030913240000.jpg

最近読んだ本。  司馬遼太郎 著 「殉死」。  かなり重い作品名だけど読んでみた。 僕は司馬遼太郎のファンで沢山の作品を読んで来たけど、いずれも時代背景が古く、源平の頃から戦国、新しくても幕末迄しか読んだ事がなかった。  この「殉死」で初めて維新以降の司馬作品を経験した。  主人公は「乃木 希典」。 ご存知の方も多いと思うがあの日露戦争で陸軍大将を務めた人物。  そこ迄は僕も知っていたが、その後、伯爵となり、今話題の学習院の院長、宮内省を経て、明治帝崩御に殉じて妻・静子と共に殉死した事はこの本で初めて知った。

かなり壮絶・・・。